パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > PCのハード情報 > USB(Universal Serial Bus)

USB(Universal Serial Bus)

USB

USBは周辺機器をパソコンに接続する規格であり、周辺機器との接続においては非常に普及をしている。 USBにはUSB1.1とUSB2.0の規格があり、USB1.1は転送速度が最大12Mbps(1.5MB/秒),USB2.0は転送速度が最大480Mbps(60MB/秒)。((8ビット(8b)=1バイト(1B))
USBでは、電源を入れたまま、抜き差しができるホットスワップに対応している。ただし、接続するUSB機器によっては、「ハードウェアの安全な取り外し」等をOS上で実行してから外さないと障害が発生する場合もある。またUSBには電源供給能力があり、電圧は5V、電流は500mAまで供給することができる。
USBの端子の形状はパソコンに接続する側がA端子と呼ばれ、周辺機器側がB端子となる。B端子にはミニB端子も存在し、デジタルカメラ等の接続の際に使用されることがある。


USB(Universal Serial Bus)    USB(Universal Serial Bus)

画像左はパソコン側のUSB。 画像右は周辺機器側のUSB。


USB(Universal Serial Bus)    USB(Universal Serial Bus)

画像左はUSBケーブルのA端子。 画像右はB端子。


USBコントローラ

USBコントローラはUSBを制御する装置であり、USB1.1の主なコントローラとしては、UHCI(Universal Host Controller Interface)とOHCI(Open Host Controller Interface)の2つがある。UHCIは主にIntelやVIA製のチップセットに搭載され、OHCIはその他のチップセットに搭載される。接続するUSB機器には、それぞれのコントローラに対応したドライバが必要になるが、最近のUSB機器には、UHCIとOHCIの双方に対応したドライバが用意されている場合が多い。USB1.1は通信で使用する帯域幅が狭いため、負荷分散のため複数のホストコントローラが搭載される場合がある。
USB2.0のコントローラはEHCI (Enhanced Host Controller Interface) と呼ばれ、USB1.1のUHCIとOHCIの双方に互換性を持っている。



Copy Right Tour de PC since 2006