パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > PCのハード情報 > 光学ドライブ

光学ドライブ

CDやDVDには多数の規格があり、それぞれの規格に対応した光学ドライブでなければ、正常に再生や記録が行えない。光学ドライブには、CDの再生のみをサポートするものもあるが、最近では、ほとんどのCD,DVDの規格をサポートするスーパーマルチドライブが増えている。

光学ドライブ

CD、DVDの種類

DVDにおいては、規格が複数存在する。DVDでの-と+では、構造上は全く別のものであるが、使用時においては、大きな違いはない。

CD-ROM

再生専用のCDであり、書き込みはできない。


CD-R

書き込み可能なCD。一度書き込んだデータは削除できない。書き込み容量は650MBと700MBの2種類。


CD-RW

書き込み可能で且つ、削除可能なCD。書き込み容量は650MBと700MBの2種類。


DVD-ROM

再生専用のDVDであり、書き込みはできない。


DVD-R

規格団体である、DVDフォーラムの規格で開発された、書き込み可能なDVD。一度書き込んだデータの削除はできない。書き込み容量は、4.7GB。2層書き込みで8.5GBの容量をもつDVD-R DLもある。


DVD-RW

DVD-Rと同様にDVDフォーラムの規格で開発された、書き込み可能なDVD。書き込んだデータを削除して、再度使用することができる。書き込み容量は4.7GB。


DVD-RAM

DVD-RとDVD-RWは書き込みにはライティングソフトの使用が前提となるが、DVD-RAMはフロッピーと同様の感覚で、保存先を直接DVD-RAMに指定して使用することができ、書き込んだデータを再度編集、削除することもできる。書き込み容量は4.7GB。両面書き込み型で9.4GBの容量を持つタイプや、カートリッジで覆われたタイプもある。


DVD+R

規格団体である、DVD+RWアライアンスの規格で開発された、書き込み可能なDVD。一度書き込んだデータの削除はできない。書き込み容量は、4.7GB。層書き込みで8.5GBの容量をもつDVD+R DLもある。


DVD+RW

DVD+Rと同様にDVD+RWアライアンスの規格で開発された、書き込み可能なDVD。書き込んだデータを削除して、再度使用することができる。書き込み容量は4.7GB。


CD、DVDの速度

書き込みや再生速度は~倍速といった表記で表される。
CDの速度は音楽CDの速度がベースとなっており、1倍速が150KB/sに相当する。
それに対してDVDは1倍速が1385KB/sに相当する。

光学ドライブ

CDやDVDには同じ規格であっても、様々な再生、書き込み速度がある。ディスクの種類によっては、ディスクが高速対応ディスクであっても、ドライブ側がそれに対応していないと、正しく再生、記録ができない場合がある。


DVD-Rの速度規格

「DVD-R 4X-SPEED DVD-R Revision 1.0」・・・1~4倍速対応
「DVD-R 6X-SPEED DVD-R Revision 2.0」・・・1~6倍速対応
「DVD-R 8X-SPEED DVD-R Revision 3.0」・・・1~8倍速対応
「DVD-R 12X-SPEED DVD-R Revision 5.0」・・・1~12倍速対応
「DVD-R 16X-SPEED DVD-R Revision 6.0」・・・1~16倍速対応

高速対応のディスクは、低速にしか対応できないドライブでは使用することができない場合があるので、基本的に、ドライブのDVD-R最大記録速度以内の速度のディスクを使用する。
DVD-Rは、民生用と業務用に分けられており、通常販売される民生用は「DVD-R for General」と呼ばれる。また、開発当初DVD-Rの容量は3.95GB(Version1.0)であり、後に4.7GBに容量を増加し、Version2.0規格となっている。


DVD-RWの速度規格

「DVD-RW Version1.1」は1倍速に対応したDVD-RW規格。「DVD-RW Version1.1/2X-SPEED DVD-RW Revision 1.0」」は1~2倍速に対応したDVD-RW規格。これらは、DVD-RWに対応したドライブであれば基本的に使用きでる。
これらの規格以外に「DVD-RW Version1.2」というのがあり、これは2~6倍速記録に対応したDVD-RWの高速規格である。 この規格で6倍速のDVD-RWはドライブ側がDVD-RWの6倍速記録以上に対応していないと使用することができない。DVD-RWの記録速度が4倍速までのドライブは、ファームウェアを更新することができれば使用可能になることもあるが、ドライブメーカが4倍速のドライバを6倍速に対応させるアップグレードファームウェアを公開しない場合は使用することができない。


光学ドライブ 光学ドライブ

上記画像はDVD-RWでの注意事項記載例。 なお、「DVD-RW Version1.2」は「RW2」と表記されることもある。


DVD-RAMの速度規格

「DVD-RAM Version2.1」とは、2~5倍速記録に対応したDVD-RAMの規格である。5倍速のDVD-RAMを2倍速までしか対応していないドライブで使用することも可能であり、その際は書き込み速度は2倍速になる。
これに対して、「DVD-RAM Version2.2」という高速規格があり、こちらは6~16倍速の書き込み速度を持つ。この規格のDVD-RAMは、6倍速以上のDVD-RAM書き込み速度を持ったDVDドライブでなければ、使用することができない。



Copy Right Tour de PC since 2006