パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク


無線LAN

パソコンで無線LANを使用するには、無線のアクセスポイント(親機)とパソコン側に無線の受信装置(子機)が必要となる。パソコン側に無線受信装置が内蔵されていない場合は、PCカードやUSB接続などの無線LAN子機を接続する必要がある。
無線には複数の規格があり、現在はIEEE802.11b、IEEE802.11g、IEEE802.11a3つの規格がある。またIEEE802.11aでは仕様の改定がなされている。


無線LAN    無線LAN

画像左は無線LAN子機の例。内蔵タイプでないパソコンでは必要。 画像右は無線LAN親機。

IEEE802.11b

周波数は2.4GHz。通信速度は11Mbps。周波数が同じである電子レンジなどの一般家電製品に影響されやすく、これらの家電製品が近くにある場合は受信に障害がでることがある。

IEEE802.11g

周波数は2.4GHz。通信速度は54Mbps。家電製品に影響されやすい点はIEEE802.11b と同様だが、通信速度が高速化されている。IEEE802.11gとIEEE802.11bは同じ周波数を使用しており、相互に互換性がある。

IEEE802.11a

周波数は5.15~5.35GHz。通信速度は54Mbps。IEEE802.11a では、電子レンジなどの一般家電製本で使用される2.4GHz とは別の周波数を使用することで、他の機器の干渉を受けにくい仕様となっている。IEEE802.11aは屋内でしか利用はできない。
IEEE802.11a は、5.15~5.25GHzの周波数を4つのチャネルに分割し、ch34,38,42,46の4つのチャンネルとして使用する仕様であった。(この仕様を「J52」という。) しかし、2005年5月16日に総務省によって「電波法施行規則の一部を改正する省令」が交付されたことで、IEEE802.11aの仕様の変更が行われ、世界無線通信会議(WRC-03)での国際標準に準拠した仕様になった。 5.15~5.25GHzの周波数を4つのチャンネルに分割するポイントを10MHz 移動し、ch36,40,44,48の4つのチャンネルとして使用する仕様となった。(この仕様を「W52」という。) また、新たに5.25~5.35GHzの周波数が使用可能となり、5.25~5.35GHzの周波数を4チャネルに分割し、ch52,56,60,64の4チャンネルが増設された。(この仕様を「W53」という。)
これにより新しいIEEE802.11aでは合計で8つのチャンネルを使用することが可能となる。
新しい仕様である「W52」と「W53」を使用するには対応機種を使用する必要がある。パソコンの無線LAN受信装置が従来の「J52」にしか対応していない場合は、新しい仕様である「W52」と「W53」を使用するはできない。また、同じくパソコンの無線LAN受信装置が「J52」にしか対応していない場合で、無線の親機が「J52」に対応していない場合も、使用することができない。
現在販売されている無線装置の多くは、「J52」「W52」「W53」の3つ全てに対応している機種が多いが、「J52」が使用可能な無線装置は2008年5月以降は販売ができなくなる。ただし、すでに存在する「J52」の製品を今後使用を続けることに関しては、特に禁止される定めはない。



Copy Right Tour de PC since 2006