パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows Vistaの設定、トラブル解決 > Windows Vistaの共有フォルダの概要
Vista設定、トラブル解決 ビスタ

Windows Vistaの共有フォルダの概要

Windows Vistaでは共有フォルダを使用するには、パブリックフォルダに共有したいフォルダやファイルを置くか、各フォルダごとに共有設定をする。
パブリックフォルダはWindows XPの「共有ドキュメント」と同様に機能するが、Vistaでのパブリックフォルダは、ネットワーク上の他のパソコンからも参照できるように、「パブリックフォルダ共有」の設定ができるようになっている。この「パブリックフォルダ共有」の設定で共有を有効にしてあれば、パブリックフォルダ内のフォルダやファイルは他のパソコンから参照できる。
また、パブリックフォルダとは別に、共有したいフォルダを個別に指定して共有設定をすることもできる。


Vistaの共有フォルダ ビスタ

Windows Vistaでの共有フォルダはパブリックフォルダを利用する方法と、各フォルダごと共有設定する方法がある。



Vistaの共有フォルダ ビスタ

共有フォルダ全体の設定は、「ネットワークと共有センター」で行う。 まず、「ファイル共有」を有効にする必要があり、この「ファイル共有」が有効であれば、各ファイルごとに共有設定をすることができる。 また、パブリックフォルダを他のパソコンから使用できるようにするには、「パブリックフォルダ共有」でパブリックフォルダの共有を有効にする必要がある。 「パスワード保護共有」が有効の場合は、他のパソコンから共有フォルダへアクセスする際にユーザー名とパスワードが求められるようになる。



Vistaの共有フォルダ ビスタ

共有されたパブリックフォルダを他のパソコンから参照すると、「Public」という名称で表示される。



Vistaの共有フォルダ ビスタ

フォルダごとに共有設定した場合は、共有フォルダの場所によって表示が異なることがあるので、各共有フォルダへアクセスする場合は、その共有フォルダがある場所へ階層を辿る。




Copy Right Tour de PC since 2006