パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows Vistaの設定、トラブル解決 > 共有フォルダの設定 (フォルダごとの共有)
Vista設定、トラブル解決 ビスタ

共有フォルダの設定 (フォルダごとの共有)

Windows Vistaでは、フォルダごとに共有設定をすることで、同じパソコン内のユーザー同士だけでなく、同じネットワーク上の他のパソコンとの間でも、個別に作成されたファイルを共有することができる。


Vistaの共有フォルダ ビスタ

共有フォルダを設定するには、まず「ネットワークと共有センター」で共有を有効にする必要がある。「スタート」、「コントロールパネル」の順にクリックする。



Vistaの共有フォルダ ビスタ

「ファイルの共有の設定」をクリックする。



Vistaの共有フォルダ ビスタ

「ネットワークと共有センター」が表示される。ファイル共有の設定が無効の場合は、右の矢印をクリックする。(「ネットワークと共有センター」はスタートメニュー内のコントロールパネルを右クリックし、プロパティをクリックしても表示できる。)



Vistaの共有フォルダ ビスタ

「ファイル共有を有効にする」にチェックをいれ「適用」をクリックする。



Vistaの共有フォルダ ビスタ

ファイル共有が有効になったら「ネットワークと共有センター」画面を閉じる。



Vistaの共有フォルダ ビスタ

共有したいフォルダを右クリックし、「共有」をクリック。



Vistaの共有フォルダ

共有を行う人々の選択画面が表示される。ここで登録されたユーザが共有フォルダを使用できる。 標準では、ログインしているユーザのみが登録されているので、他のユーザを追加するため、追加ボタンの左にある三角をクリックする。



Vistaの共有フォルダ

パソコンに存在するユーザアカウントの一覧が表示される。 全てのユーザーに共有フォルダの利用を許可するには「Everyone」を選択する。



Vistaの共有フォルダ

「追加」をクリックする。



Vistaの共有フォルダ

追加されたユーザのアクセス許可は「閲覧者」となっている。 このアクセス許可は共有フォルダを参照することはできるが、変更やフォルダ内での新規ファイル作成などはできない。 アクセス許可のレベルを変更するためには変更したいユーザの三角をクリックする。



Vistaの共有フォルダ

共有されたフォルダの内容変更やフォルダ内での新規ファイル作成も許可する場合は、「共同所有者」を選択する。 「閲覧者」を選択した場合は、フォルダは読み取り専用となる。 「投稿者」を選択した場合は、共同所有者を選択した場合と類似するが、フォルダへのアクセス権の変更などはできない。



Vistaの共有フォルダ

アクセス許可が指定されたことを確認し、「共有」をクリック。



Vistaの共有フォルダ

「ユーザーのフォルダは共有されています」の画面がでるので「終了」をクリック。
(ここで表示されているパスが、この共有フォルダへアクセスするパスになる。)



Vistaの共有フォルダ

共有されたフォルダはユーザが並んだマークが付く。



Vistaの共有フォルダ

共有フォルダを参照する場合は、アクセスするコンピューター名をダブルクリックし、共有フォルダへの階層を辿ることでアクセスする。例えばデスクトップ上に作成した共有フォルダの場合は、該当のコンピューター名を開いた後、Usersフォルダを開き、さらにフォルダ階層をデスクトップまで順に辿ることで、共有されたフォルダを参照することができる。
上記画像は、Windows XPでワークグループ一覧を表示し、そこからVistaのパソコンへアクセスした状況。




Copy Right Tour de PC since 2006