パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows Vistaの設定、トラブル解決 > Windows標準の機能でのCD、DVDへの書き込み(ライブファイル方式の場合)
Vista設定、トラブル解決 ビスタ

Windows標準の機能でのCD、DVDへの書き込み(ライブファイル方式の場合)

Windows Vistaでは標準で、CD、DVDへの書き込みをサポートする。書き込み方式は2種類あり、ライブファイル方式を使用した場合は、フロッピーやUSBメモリースティックと同じ感覚でドラッグやコピーで書き込みができ、個別にファイルを削除することもできる。しかし、ライブファイル方式で記録されたディスクは、WindowsXPより古いOSの場合は記録された内容が読めない場合がある。他のパソコンでの互換性を重視する場合は、マスタ方式で記録する必要がある。


CD、DVDへの書き込み vista

ライブファイル方式でディスクに書き込むには、予めディスクをフォーマットする必要がある。まず、「スタート」、「コンピュータ」をクリックする。



CD、DVDへの書き込み ビスタ

ディスクをパソコンに挿入し、光学ドライブ装置をダブルクリックする。



CD、DVDへの書き込み vista

「フォーマットのオプションを表示する」の左の矢印をクリックする。



CD、DVDへの書き込み ビスタ

「ライブファイルシステム」を選択し、「次へ」をクリックする。



CD、DVDへの書き込み vista

「はい」をクリックする。



CD、DVDへの書き込み ビスタ

ディスクのフォーマットが開始される。



CD、DVDへの書き込み vista

フォーマットが終了すると、コンピュータの画面に戻る。光学ドライブをダブルクリックする。



CD、DVDへの書き込み ビスタ

ディスクの中身が表示される。書き込みたいファイルをドラッグ、またはコピーする。



CD、DVDへの書き込み vista

書き込みの進行状況が表示される。



CD、DVDへの書き込み ビスタ

書き込みが完了する。



CD、DVDへの書き込み

パケットライト方式で記録したファイルは個別に削除することができる。削除するファイルを右クリックし、「削除」をクリックする。



CD、DVDへの書き込み

削除確認画面が表示されるので、「はい」をクリックする。これでファイルを個別に削除することができる。




Copy Right Tour de PC since 2006