パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows Vistaの設定、トラブル解決 > スタートメニューの電源ボタンの変更
Vista設定、トラブル解決 ビスタ

スタートメニューの電源ボタンの変更

ビスタではスタートメニューの電源ボタンを押すと、標準ではスリープモードになる。 スタートメニューの電源ボタンは動作をスリープモード以外の、シャットダウン等に変更することができる。


スリープ vista

Windows XPでは電源ボタンを押すと、終了方法の確認画面が表示されたが、vistaでは、電源ボタンを押すとスリープ状態になる。



 シャットダウン ビスタ

標準状態でシャットダウンするには、右矢印ボタンをクリックし、表示されるメニュから終了方式を選択する必要がある。



 電源ボタン vista

電源ボタンの動作を変更するには、「スタート」、「コントロールパネル」をクリックし、「システムとメンテナンス」をクリックする。



電源オプション ビスタ

「電源オプション」を選択する。



電源プラン vista

使用している電源プランの「プラン設定の変更」をクリックする。



電源設定 ビスタ

「詳細な電源設定の変更」をクリックする。



電源ボタン ビスタ

「電源ボタンとLID」の+をクリックする。



ビスタ

「スタートメニューの電源ボタンの操作」の+をクリックし、-にする。



vista

「設定」をクリックすると、動作選択のプルダウンメニューが表示されるので、希望の動作を選択する。
ノートパソコンの場合は、「バッテリ駆動」と「電源に接続」の2種類が表示されるのでそれぞれの項目で動作を選択する。



シャットダウン vista

電源ボタンがシャットダウンに変更されると、電源ボタンのデザインが変更される。 シャットダウンのボタンをクリックすると、Windows XPでは終了方式の確認画面が表示されていたが、vistaではボタンをクリックするとそのままシャットダウンする。




Copy Right Tour de PC since 2006