パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows Vistaの設定、トラブル解決 > バックアップしたメールの復元方法 - Windowsメール
Vista設定、トラブル解決 ビスタ

バックアップしたメールの復元方法 - Windowsメール

バックアップされたVistaのWindowsメールの受信トレイ等のメッセージは、メールのインポート機能を使用してWindowsメールに復元することができる。


Windowsメール Vista

Windowsメールを開き、「ファイル」をクリックし、「インポート」、「メッセージ」をクリック。



Windowsメール

「Microsoft Windowsメール7」を選択し、「次へ」をクリックする。 (もしインポートするバックアップファイルがVistaのWindowsメール以外で作成されている場合は該当のメールプログラム名を選択する)



メール保存場所

バックアップされたメッセージが保存されている場所を指定するため、「参照」をクリックする。



バックアップフォルダ

バックアップしたメールのメッセージが保存されている場所を指定して、「フォルダの選択」をクリックする。 (ここでは例としてデスクトップ上の「メールバックアップ」というフォルダにメールのバックアップが保存されている状態)



Windowsメール

保存されている場所が選択されたら「次へ」をクリックする。



復元対象

復元するバックアップの対象を選択し「次へ」をクリックする。 「すべてのフォルダ」を選択すれば、受信トレイや送信済みアイテムなど全てが復元対象になるが、「選択されたフォルダ」を選択し、復元対象を個別に指定することもできる。



復元進行状況

進行状況が表示される。



復元完了

「完了」をクリック。



インポートされたフォルダ

復元されたメッセージは、「インポートされたフォルダ」という項目で追加される。 手動で追加していたメールフォルダ名はそのまま表示されるが、受信トレイなどはInbox等の英語表記となる。 なおインポートをする度に新たな「インポートされたフォルダ」が追加される。




Copy Right Tour de PC since 2006