パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

Vista設定、トラブル解決 ビスタ

Snipping Toolの使用方法

VistaにはSnipping Toolというキャプチャツールが搭載されている。 Snipping Toolを使用して画面のウィンドウをキャプチャしたり、自由な形に切り取ったキャプチャをとることができる。(Windows Vista HoneBasicにはSnipping Toolは搭載されていない)


snipping tool_Vista

「スタート」、「すべてのプログラム」、「アクセサリ」、「Snipping Tool」の順にクリックしてSnipping Toolを起動させる。 Snipping Toolが起動するとキャプチャモードになり、画面背景色が薄い表示となる。 このキャプチャモードの時に画面のキャプチャを実行できる。



スニッピングツール_ビスタ

キャプチャを中断し、通常画面に戻すには「Esc」キーを押す(又はSnipping Tool上のキャンセルボタンをクリック)ことで通常画面に戻すことができる。通常画面からキャプチャモードに戻す場合はSnipping Tool上の新規作成ボタンをクリックする。



スニッピングツール_ビスタ

キャプチャモードになると画面上に+のマウスポインタが表示され、ドラッグをすることで切り抜き範囲を選択できる。



スニッピングツール_ビスタ

ドラッグ後クリックを解放すると、切り抜かれた画像が表示される。「ファイル」、「名前を付けて保存」の順にクリックすることで名前を付けて保存することができる。



切り取り種類選択_Vista

新規作成ボタンの横のボタンをクリックすると切り取り形式を選択することもできる。 選択できる切り取り形式は、「自由形式の領域切り取り」、「四角形の領域切り取り」、「ウインドウの領域切り取り」、「全画面領域切り取り」の4種類がある。



自由形式の領域切り取り

切り取り形式で「自由形式の領域切り取り」を選択すると、はさみのマークが表示され、画面上をドラッグすることで自由な形で画面キャプチャができる。



ウィンドウの領域切り取り

切り取り形式で「ウインドウの領域切り取り」を選択すると、キャプチャをとりたいウインドウにマウスポインタを当てると、ウインドウが選択され、クリックすることでキャプチャできる。



メニューの切り取り

メニュー表示をキャプチャすることもできる。 Snipping Toolを起動後、Escキーを押して(又はSnipping Tool上のキャンセルボタンをクリック)一旦キャプチャモードを解除する。 メニューを表示させた後Ctrlキーを押しながらPrintScreenキー(PrintScreenキーがFnキーを併用するキーの場合はFnキーも同時に押す必要あり)を押す。 これでメニューが表示された状態で画面のキャプチャが可能となる。



オプション

Snipping Toolのオプション設定から切り取り領域の選択線の色を変更することができる。 また、「切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する」のチェックを外せば領域の選択線を表示させないことができる。



手書き機能

キャプチャした画像に、ペンツールや蛍光ペンツールなどで手書きの文字を加えることもできる。 消しゴムツールで加えた文字を消すことも可能。




Copy Right Tour de PC since 2006