パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

Vista設定、トラブル解決 ビスタ

SuperFetchとは

Windows VistaにはSuperFetchという、アプリケーションの起動速度を向上させるための機能が搭載されている。 SuperFetchは使用頻度の高いアプリケーション等優先順位の高いアプリケーションを予めメモリ内に読み込ませる。 これにより各アプリケーションを起動する際の起動速度を高めることができる。


タスクマネージャ_ビスタ

Windows VistaではSuperFetchは標準で有効になっているが、SuperFetchが有効になっている場合は、PC に空きメモリがある場合、Vista起動後にメモリにアプリケーションの先読み込みが開始される。 
(上記画像は左がWindows Vistaの起動直後、右が起動後数分が経過したタスクマネージャ上でのメモリ状態。 SuperFetchによりアプリケーションが先読み込みされ、起動後の時間が経つにつれキャッシュ済みのメモリが増え、空メモリが少なくなっている。)
通常は各アプリケーションを使用する都度にハードディスクへアクセスが生じ、メモリにデータを呼び出すことになるが、SuperFetchが有効であれば、予めメモリに、使用が予想されるアプリケーションが呼び出されているので、該当するアプリケーションであれば起動時間を短縮することができる。
メモリに予め読み込むアプリケーションは、追跡アルゴリズムによって過去の使用履歴等から優先順位が判断され、自動的に読み込まれる。 優先順位の高いアプリケーションは、一旦他のアプリケーションの動作などのためにメモリから開放された場合でも、他のアプリケーションの動作が終了次第、再度メモリ上に読み戻される仕組みとなっている。 




Copy Right Tour de PC since 2006