パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows XPの設定、トラブル解決 > Outlook Expressの受信フォルダ等のバックアップ
XP設定、トラブル解決

Outlook Expressの受信フォルダ等のバックアップ

Outlook Expressの受信フォルダや送信済みアイテムに入っているメールは、すべて1つのメッセージフォルダにまとめて記録されている。このメッセージフォルダをコピーすることで、メールのバックアップをとることができる。


メールのバックアップ

Outlook Expressを起動し、「ツール」をクリックし、さらに「オプション」をクリック。



メールのバックアップ

オプション画面がでたら、「メンテナンス」をクリックし、さらに「保存フォルダ」をクリック。



メールのバックアップ

メールが保管されているフォルダの場所(パス)が表示される。 表示されたパスをマウスで選択して、右クリックでコピーする。 (パスはかなり長いので、表示項目の右端にもパスの続きがあるので、確実に全てをコピーする。) コピーができたら、「OK」をクリック。



メールのバックアップ

「スタート」をクリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリック。



メールのバックアップ

「名前」の欄に先ほどコピーした、メール保管先のパスを貼り付け、「OK」をクリックする。



メールのバックアップ

メールの保管フォルダの中身が表示される。(dbxというデータとして格納されており、内部を参照することはできない。このデータは再度PCに戻した際、Outlook Express上で表示される。)このフォルダをUSBメモリースティックなどのPCの外部記録媒体にコピーすることで、メールのメッセージのバックアップになる。 タスクバー上の「上へ」ボタン、もしくは、「表示」→「移動」→「1つ上の階層へ」をクリックして、1つ上の階層へ移動できるので、その場所の「Outlook Express」というフォルダをコピーすることでdbxファイルをまとめてコピーすることもできる。



バックアップした受信フォルダ等をPCへ戻す方法はこちら



Copy Right Tour de PC since 2006