パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows XPの設定、トラブル解決 > コンピュータが危険にさらされている可能性があります
XP設定、トラブル解決

「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」と表示される

「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」と表示される場合はパソコンのセキュリティ状態に問題があることを表している。 この表示には、いくつかのパターンがあるが、セキュリティソフトを使用しているにも関わらず、この表示がでることもあり、これは、マイクロソフトが認識していないセキュリティソフトを使用する際などに表示されることがある。 そのような場合は、windowsのセキュリティセンターの設定を変更することで、警告を表示させないようにすることができる。


「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」

「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」の警告メッセージ。
警告文章が消えた後も、画面右下の通知領域に赤地で白のxが表示される。



「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」

警告の表示を変更するには、「スタート」、「コントロールパネル」の順にクリックする。
もしくは、通知領域の赤地で白のxをクリックする。この場合は、下記の「セキュリティセンター」がすぐに表示される。



「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」

コントロールパネルが表示されたらを「セキュリティセンター」をクリック。



「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」

セキュリティセンターのウィルス対策項目の「推奨される対策案」をクリック。



「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」

「自分でウィルス対策ソフトをインストールし、管理します」にチェックを付け、「OK」をクリック。



「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」

ウィルス対策項目が、「監視していません」に変更される。この状態であれば、セキュリティソフトがインストールされていないことへの警告は表示されなくなる。 なお、この操作はあくまでもセキュリティ対策を導入した上で行うものであり、セキュリティ対策を導入していない環境で「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」が表示される場合は、セキュリティ対策を導入することが大事である。




Copy Right Tour de PC since 2006