パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows XPの設定、トラブル解決 > 検索ページで過去に入力した言葉の削除
XP設定、トラブル解決

検索ページで過去に入力した言葉の削除

検索ページなどで、過去に入力した言葉は、オートコンプリート機能が有効である場合、パソコン上に保管され、検索の際、過去の入力した言葉の一覧が表示される。 この内容は、個別に削除、または「インターネットオプション」の機能を使用し、一括削除することができる。


検索ページで過去に入力した言葉の削除

過去の入力した言葉を個別に削除するには、まず検索欄をダブルクリックする。検索で入力した言葉の一覧が表示されるので、削除したい言葉にマウスポインタを合わせる(クリックはしない)、もしくはカーソルキーで選択する。そして、「Delete」キーを押す。これで、個別に言葉を削除することができる。



検索ページで過去に入力した言葉の削除

検索で入力した過去の全ての文字を一括で削除するには、インターネットエクスプローラの「ツール」をクリックし、「インターネットオプション」をクリックする。



検索ページで過去に入力した言葉の削除

「コンテンツ」、「オートコンプリート」をクリック。



検索ページで過去に入力した言葉の削除

「フォームのクリア」をクリックし、「OK」をクリック。



検索ページで過去に入力した言葉の削除

削除確認画面が表示されるので、「OK」をクリック。 これで、検索ページで過去に入力した言葉は全て削除される。



検索ページで過去に入力した言葉の削除

今後、検索ページに入力した言葉の履歴を表示させないようにするには、手順3の画面で、「フォーム」のチェックを外す。これで検索欄でのオートコンプリートは機能しなくなる。




Copy Right Tour de PC since 2006