パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

トップページ > Windows XPの設定、トラブル解決 > Windows標準の機能でCDに書き込む
XP設定、トラブル解決

Windows標準の機能でCDに書き込む

Windows XPでは標準でCDへの書き込みをサポートしている。DVDへの書き込みはライティングソフトが必要だが、CDへの書き込みはライティングソフトがなくても記録することができる。(書き込みには、パソコンに書き込み可能なCDドライブ装置が搭載されていることが必要)


Windows標準のCD書き込み機能

Windows標準の機能でCDに書き込むためには、まず「スタート」、「マイコンピュータ」をクリック。



Windows標準のCD書き込み機能

ドライブにCDを挿入し、CDまたはDVDドライブをダブルクリックして開く。
ここでCDを開くことができず、「ファンクションが間違っています」と表示される場合は、Windows標準の書き込み機能が無効に設定されているので、有効にする必要がある。
Windows標準の書き込み機能の有効化はこちらを参照。



Windows標準のCD書き込み機能

CDの中身が表示される。未使用のディスクは空白で表示される。



Windows標準のCD書き込み機能

書き込みたいファイルをドラッグする。複数のファイルやフォルダを書き込む場合は、全てドラッグする。コピー&ペーストで貼り付けもできる。



Windows標準のCD書き込み機能

「これらのファイルをCDに書き込む」をクリックする。



Windows標準のCD書き込み機能

CDの書き込みウィザードが起動する。CD名を付ける場合はCD名を入力する。とくにCD名を指定しない場合はそのまま「次へ」をクリックする。



Windows標準のCD書き込み機能

書き込みの進行状況が表示される。



Windows標準のCD書き込み機能

「完了」をクリックして書き込みが終了。




Copy Right Tour de PC since 2006