パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

XP設定、トラブル解決

無線LAN接続設定(Windows標準の無線LAN接続設定)

Windows XPは標準で無線接続をサポートしており、無線内蔵のパソコンや無線LANカードを装着したPCで、無線ルータと無線LAN接続をすることができる。 無線ルーターによっては接続ツールが用意されている場合が多く(バッファローのクライアントマネージャー等)、その接続ツールを利用して無線LAN接続を行うには、Windows標準の接続機能は無効にされる場合が多い。(ルーターメーカの接続ツールとWindows標準の接続機能が同時に動くと、正常に接続できない場合がある)
下記手順は、ルーターメーカの無線LAN接続ツールを使用しないで、Windows標準の機能で無線接続を行う場合の手順となる。


無線LAN

まず最初に、無線内蔵のパソコンであれば、無線のスイッチをONにする。カードやUSBタイプの無線子機を使用する場合はパソコンに装着する。そして、「スタート」、「コントロールパネル」をクリック。



無線LAN

「ネットワークとインターネット接続」をクリック。



無線LAN

「ネットワーク接続」をクリック。



無線LAN

「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、「プロパティ」をクリック。



無線LAN

「ワイヤレスネットワーク」をクリックする。この「ワイヤレスネットワーク」の表示がでない場合はWindows標準の無線機能が無効になっているので有効にする必要がある。Windows標準の無線機能を有効にする方法はこちら。



無線LAN

「ワイヤレスネットワークの表示」をクリック。



無線LAN

ワイヤレスネットワークの一覧が表示される。この一覧には、自分の無線電波以外にも近所の無線電波も表示されることがある。(この画面は、手順4の選択画面から「利用できるワイヤレスネットワークの表示」をクリックしても表示できる。) 無線接続を設定するには、表示される電波名から自分の無線電波を選択する。電波の名前はSSIDとも呼ばれ、無線ルーターに設定されている電波名が電波名が表示される。 これ以降の操作は、無線ルーターにセキュリティの設定が有効か無効かで接続方法が異なる。



無線LAN

セキュリティの設定が無い場合の接続は、まず、自分の無線電波を選択する。



無線LAN

セキュリティで保護されていないことを伝える画面が表示されるので、「接続」をクリック。



無線LAN

接続されると、画面右端に「接続」と表示される。



無線LAN

セキュリティの設定が有効の場合の接続は、まず、自分の無線電波を選択する。



無線LAN

ネットワークキーが求められるので、無線ルーターに設定されているネットワークキーを入力する。(ネットワークキーの確認入力の欄にも同じネットワークキーを入力する。)
入力したら「接続」をクリック。



無線LAN

接続されると、画面右端に「接続」と表示される。




Copy Right Tour de PC since 2006