パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

XP設定、トラブル解決

共有フォルダの設定

共有フォルダを利用するためには、共有したいフォルダを予め共有フォルダとして設定する。 以下の手順は、ワークグループ環境で簡易ファイルの共有が有効である場合の設定(XP Home Editionの標準)を想定。 XP Professionalで簡易ファイルの共有が無効の場合は、セキュリティ設定の項目等表示が異なる。


共有フォルダの設定

共有したいフォルダを右クリックし、「共有とセキュリティ」をクリックする。



共有フォルダの設定

初めて共有設定する場合は上記の画面が表示される。 「危険を認識した上でウィザードを使わないでファイルを共有する場合はここをクリックしてください」をクリックする。



共有フォルダの設定

共有の設定画面が表示される。「ローカルでの共有とセキュリティ」と「ネットワーク上での共有とセキュリティ」の2つの項目に分かれているが、パソコンとパソコンをLANで接続して共有する場合は、「ネットワーク上での共有とセキュリティ」の項目を設定する。



共有フォルダの設定

「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」にチェックを付ける。共有フォルダの中身を他のユーザーにも編集可能にする場合は、「ネットワークユーザーによるファイルの変更を許可する」にもチェックをつけ、「OK」をクリックする。 共有名は、フォルダの名称がそのまま反映されるが、必要に応じて変更する。フォルダ名と共有名が違う場合は、ワークグループの一覧に表示される共有フォルダの名前は共有名になる。 Windows98から共有フォルダを参照する場合は、共有名が12ビット以内でないとWindows98の画面上に共有フォルダが表示されない。(半角英数で12文字、全角で6文字以内)



共有フォルダの設定

共有が設定されたフォルダには、フォルダの下に手のマークが付く。




Copy Right Tour de PC since 2006